wimax解約/機種変更

wimax契約期間は2年と決まっていますが、契約期間が過ぎると解約はいつでも無料で行えるというわけではないので気をつける必要があります。またプロバイダによっては、web上で解約手続きを行えるところもありますが、事前に電話連絡の上、解約申請書を郵送されるというプロバイダもあります。郵送される場合は時間もかかるので解約までの余分にかかる日数も考慮する必要があります。各プロバイダの?のマイページでは途中解約違約金が記されていますので、解約金を確認することが大事です。

また契約更新月以外の月に解約してしまうと違約金がかかるので、プロバイダによって設定されている、契約更新月や、解約締め切り日を確認する必要があります。wimax、wimax2+といった利用している回線によっても解約手数料が異なります。wimax2?の解約手数料はwimax解約金の約2倍以上も解約手数料がかかります。

また店頭での契約時にはキャンペーンで解約手数料全額負担を行っている家電量販店もあるので、そのような時に契約するのも良い方法です。もう一つの方法としてはwimaxの解約自体を見直すことも大事な要素です。実際に解約すべきなのかを良く考えwimaxの速度が遅いようならばwimax2?や通信モード切替できるルーターに機種変更するという方法もおあります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です